Q&A お客様からよく寄せられる質問をご紹介

デナトロンについて、お客様からよく寄せられる質問を集めました。
有機材料なので、塗膜の性能劣化が心配です。
PEDOT:PSS は、導電性高分子の中で最も安定な材料として知られています。さらに、当社の配合技術により安定性を何倍、何十倍にも高めることが可能です。
しかしながら、無機材料に比べると紫外線に弱いため、直射日光に晒されるなど、高い信頼性が要求される分野では、一般的にUV カットなどの対策が必要です。
PEDOT:PSSは酸性なので、作業性が心配です。
PEDOT:PSSの分散液や塗膜には、皮膚刺激性はなく、環境汚染の懸念も少ない材料です。
これは、PSSの分子量が大きいため、皮膚への浸透性が低いためと考えられます。
但し、金属は錆びることがありますので、液が直接接触する部分に関しては、ステンレスやメッキ、樹脂ライニングなどの防錆対策をお勧めいたします。
設備での対策が難しいお客様には、当社にて液のpHを中性に調整することも可能です。
PEDOT:PSSは、高価なので価格が合うか心配です。
確かにPEDOT:PSSは高価ですが、ごく少量(薄膜)で効果を発現できるため、コストの厳しい用途にも、ご使用いただける可能性があります。
またPEDOT:PSS原体メーカーとの協力関係により、製造方法の見直しを行い、コストに配慮したグレードのご提案も可能となりました。
導電性の他にどんな機能が付与できますか。
ご要望に応じた機能の調整が可能です。
塗工時に必要な各種基材への濡れ性、プロセスに応じた粘度・レオロジー調整、膜厚調整、貯蔵安定性、乾燥速度調整、pH調整 など
周辺材料とのマッチングとして、各種基材への密着性、積層される際のリコート性、積層膜との密着性、表面平滑性、透明性調整、屈折率調整、色味調整 など
最表面で使用される際の耐擦傷性、耐溶剤性、耐空気暴露性、防汚性(撥水性)、防曇性(親水性)、印字性 など
長期間ご使用いただくための耐熱性、耐湿性、耐UV性 など
開発依頼の際には規格値のようなものが必要でしょうか。
要求値がクリアであればあるほど開発速度・精度は上がりますが、必ずしもクリアでなくとも取り組み可能です。
例えば、コンセプトだけをヒントに当社からパイロットサンプルを数種お出しし、それらの評価結果をもって、共に規格値を作り上げていくという事例もあります。
少量でも対応可能でしょうか?
ご遠慮なく、まずはご相談ください。ただしあまりにも少量の場合は生産スケールの問題もありますので、対応できない場合もございます。