帯電防止グレード 薄膜透明で安定した導電性が持続し、クリーンな帯電防止グレード

こんな問題にソリューションをご提案します。

  • 静電気で製品にホコリが付着してしまう...
  • フィルムを剥がす時に生じる静電気で製品が故障してしまう...
  • フィルムを剥がす時にスパーク・引火の危険がある...
  • 製品使用中に帯電し、誤作動が頻発する...

帯電防止グレードの特長とは?

透明性

わずか0.03µmの透明膜。

高い導電性と、高度なレベリング性により、ナノレベルの極薄膜でも十分な帯電防止性(表面抵抗率104~109Ω/sq)を発現。
光学フィルムにもご使用いただける高い透明性を維持できます。使用量が少ないため、低コスト。

湿度依存のない導電性

20%RHの低湿度でも。

空気中の水分を捕捉して導電性を得る、イオン伝導型の界面活性剤などとは異なり、
電子伝導型の導電機構によって湿度の影響を受けない安定した導電性が得られます。
冬場の低湿環境、乾燥地帯や湿度調整の難しいクリーンルームなどで安心してご使用いただけます。

界面活性剤とデナトロンの湿度による表面抵抗率

汎用のプロセス

塗って乾かすだけの静電気対策。

グラビアコーター、ダイコーターを始め、各種汎用のウェット塗工機に対応。
アルコールで高倍希釈してご使用いただけるため、乾燥が容易。
高い生産性を維持しつつ、帯電防止性を付与できます。

エコロジー

人にも環境にもやさしい水系コーティング剤。

水系または水/アルコール系の塗液のため、環境負荷の少ないコーティング剤です。
水系の特徴を活かし、フィルム製造時の熱を塗料の乾燥にも利用するエコなインラインコーティングプロセスへも適応可能。フィルムの延伸に追従させることができます。

どんなところに使える?

用途

  • ディスプレイの光学フィルムや保護フィルムの帯電防止コーティング
  • 電子部品の包装用トレー、マスキングフィルム、キャリアテープ、
カバーフィルムの帯電防止コーティング
  • ディスプレイの光学フィルムや保護フィルムの帯電防止コーティング
  • 電子部品の包装用トレー、マスキングフィルム、キャリアテープ、
    カバーフィルムの帯電防止コーティング

製品ラインアップ

様々なご要望にスピーディーにお応えするため、下記ラインアップをご用意。
これらをベースに機能付与、性能をカスタマイズし、ご提案いたします。

コーティングプロセス向け
製品名 特徴 塗工方法 こんな時に
P-502RG 標準品 グラビアコーター
ダイコーター など
まずは試してみたい場合に
P-560ST 延伸追従 グラビアコーター
ダイコーター など
フィルム延伸時のコーティングに
P-500NT pH中性 グラビアコーター
ダイコーター など
酸性での使用を控えたい場合に
P-200HC 高硬度(2液) スリットコーター
スプレーコーター など
傷や摩擦が気になる場合に
P-800SL 有機溶剤系 グラビアコーター
ダイコーター など
設備や使用材に合わせて

表は一例です。用途に合わせての開発を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

製品物性

標準品の物性一覧です。各物性は用途に合わせ最適にカスタマイズいたします。

コーティングプロセス向け P-502RG
塗液
主溶剤
pH 2〜3
粘度(mPa・s/25℃) < 100
塗膜
膜厚(nm) 20~150
表面抵抗率 SR(Ω/sq) 105~106
全光線透過率 Tt(%) > 99
Haze(%) < 0.1
密着性(点) 10/10
水接触角(deg) 20
適用基材 PET・TAC・Glassなど

帯電防止グレードの製品ラインアップと物性値をまとめてダウンロード

PDFダウンロード

塗工プロセス

標準プロセス

  1. 塗工

    希釈
    水、メタノール、エタノール、IPA 2倍~20倍希釈
    基材
    PET、TAC、PE、PC、COP、PMMA、ガラス
    設備
    グラビアコーター、ダイコーター、スリットコーター、
    スピンコーター、スプレー、ディップ
  2. 乾燥

    条件
    80~150℃、30秒~2分
    設備
    送風オーブン、IRヒーター、ホットプレート
    性能
    表面抵抗率:104~108Ω/sq
    全光線透過率:基材±0.5%
    (塗工膜厚により調整)
  3. 上塗り

    上塗り剤
    ハードコート剤、粘着剤、剥離剤など
    溶剤
    MEK、IPA、酢酸エチル、トルエン、アセトン、水
    P-502RG接触角:約20°(水)
    性能
    表面抵抗率:106~1011Ω/sq
    (塗工膜厚により調整)

本ページに記載されている値は測定値であり、保証値ではありません。
また、本製品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。