製品開発へのこだわり オンリーワンの製品を開発するために心がけていること

◯◯専用塗料を創りだす

当たり前のことですが、材料は用途によって求められる性能が違ってくるもの。導電性ポリマー塗料のデナトロンで言えば、導電性が優先されるのか、透明性なのか、コストなのか・・・はたまた全部なのか。お客様やその先のお客様によっても千差万別です。求められる性能は満たしていても、お客様の環境でうまく使用できなければ意味がありません。
ナガセケムテックスではお客様の製品への機能性付与だけでなく、さらに先の最終製品としての使用環境まで想定した配合技術で、○○専用導電性塗料をカスタマイズ開発いたします。
○○には「液晶TV偏光板用マスキングフィルム向け・グラビアコーター5um塗工」や、「車載用タッチスイッチ透明電極向け・L/S300umスクリーン印刷」など細部にまでこだわった用途・プロセスが入ります。
○○の中身はお客様との対話を通じ、共に創り上げていきます。詳細な用途は開示できないことも多いと思いますが、お知らせいただけると精度良く、すばやく試作品をご提供できます。

導電性塗料だけじゃない

ナガセケムテックスでは導電性塗料だけでなく、周辺塗料の開発も積極的に行っており、トータルでのご提案もいたします。UVカットオーバーコート剤はデナトロンと合わせて使うと耐候性を大幅に上げることができます。
また、薄膜ハードコートやめっきプライマーなど、機能性塗料も開発しております。

視野は広く、思考は深く

PEDOT:PSSの配合品開発を主軸としていますが、配合原料、添加剤自体の開発も行い、単なる配合だけではなく、広い視野を持って製品を開発しています。そのため、大学などの研究機関、原料メーカーや分析装置メーカーとの繋がりを大切にしています。
また、トレードオフなど難しい課題であっても、メカニズムにまで立ち返り、本質を見極める思考を繰り返し、答えを導きます。
ハードルが高いご要望に対しても道を切り開くべくチャレンジいたしますので、導電性の付与に関しお困りのことなど、お気軽にご相談ください。

世界中のお客様に届ける

ナガセケムテックスは親会社である長瀬産業株式会社を通じて販売・営業を行っております。長瀬産業は化学品専門商社として国内外に100を超えるグループ会社を有し、グローバルネットワークを形成しています。海外案件もご相談ください。