透明電極グレード 高導電率が求められる、各種電極用グレード

こんな問題にソリューションをご提案します。

  • タッチセンサーを付けるには、面積が小さすぎてコストが合わない...
  • 球面部分にタッチセンサーを付けたいが、曲げられない...
  • フレキシブル、ストレッチャブルなデバイスにタッチセンサーを付けたい...
  • センサーの配線パターン見えが気になる...
  • 人体に安全でアレルギーフリーの生体センサーを付けたい...

透明電極グレードの特長とは?

透明性

存在はさりげなく。しっかり電気を伝えます。

導電性ポリマーのPEDOT:PSSは可視光領域で特徴的な吸収が少なく、薄膜で使用可能なため透明性の高い導電膜が得られます。
塗膜の表面抵抗率は102~103Ω/sqを発現。しっかりと電気を伝えます。

簡単・低温プロセス

時代はプリンタブルエレクトロニクス。

特別なスパッタ装置など導入しなくても汎用的な印刷装置、コーティング装置で導電膜を作成できます。プリンタブルエレクトロニクスで注目を集めているスクリーン印刷で低コスト・簡単にパターニング。
グラビアコーター、ダイコーター、スリットコーターなど、汎用的な塗工機でコーティング。フォトリソでのパターニングも。80℃~130℃の低温プロセスにて製膜ができるため、耐熱性の低い樹脂にもご使用いただけます。

加工・柔軟性

センサーのデザインを自由自在に。

デナトロンのベースは、導電性ポリマー。加工性に優れ、ITOなどの無機物ではクラックを生じやすかった曲面でもご使用いただけます。
伸びにも追従するため、製膜後成形し、3D形状のスイッチも作成できます。導電性ポリマーの柔軟性を活かし、繊維にコーティングし、導電性繊維としてもご使用いただけます。配合技術にて、耐洗濯性なども付与出来ます。

生体適合性

身体と端末を優しくつなぐかけ橋。

PEDOT:PSSは親水性、生体適合性があり、安全な物質です。金属アレルギーの心配もないので、人に直接触れるような生体センサーなどの用途に最適です。

骨見え防止

わずかな違和感も残さない。美しいディスプレイに。

タッチパネルセンサーに必要なパターニング。透明電極といえども、基材との屈折率の違いや僅かな着色でパターンが見えてしまうことも。膜を削りとる従来のエッチングシステムではなく、導電性のみを失活させるDenatron Etchなら骨見え(パターン見え)を防ぎ、美しくディスプレイを仕上げることができます。

どんなところに使える?

用途

  • 自動車、家電などのLEDタッチスイッチの透明電極
  • ウェアラブルデバイスなどの生体センサー(心拍数などの測定)
  • タッチパネル・タッチスイッチの透明電極
  • 自動車、家電などのLEDタッチスイッチの透明電極
  • ウェアラブルデバイスなどの生体センサー(心拍数などの測定)
  • 有機ELデバイスの補助電極

製品ラインアップ

様々なご要望にスピーディーにお応えするため、下記ラインアップをご用意。
これらをベースに機能付与、性能をカスタマイズし、ご提案いたします。

用途 製品名 導電材料 特徴 塗工方法 こんな時に カタログ
ダウンロード
プリンティングプロセス向け SP-801 PEDOT:PSS 高透明・低抵抗 スクリーン印刷 まずは試してみたい場合に PDF
コーティングプロセス向け PT-436 PEDOT:PSS 標準品(2液) グラビアコーター
ダイコーター等
フレキシブル部分に
塗工後成型加工したい場合に
PDF

延伸追従グレード、繊維含浸、中性グレードもございますのでお気軽にお問合せください。

一覧表にない用途向けの開発も行っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

標準品物性値

標準品の物性一覧です。各物性は用途に合わせ最適にカスタマイズいたします。

プリンティングプロセス向け SP-801
塗液
主溶剤 水・アルコール系
粘度(mPa・s/25℃) 200~500※E型粘度計 100rpm
pH 2~3
塗膜
膜厚(nm) 200
表面抵抗率 SR(Ω/sq) 280
全光線透過率 Tt(%) 95
適用基材 プラスチックフィルム(PET,PMMA,TAC,PC など) やガラス
コーティングプロセス向け PT-436(2液)
塗液
主溶剤 水・アルコール系
粘度(mPa・s/25℃) < 20
pH 2~3
塗膜
膜厚(nm) 250
表面抵抗率 SR(Ω/sq) 150
全光線透過率 Tt(%) 95
適用基材 プラスチックフィルム(PET,PMMA,TAC,PC など) やガラス

塗工プロセス

スクリーン印刷

パッド印刷

Denatron Etchプロセス(導電性失活エッチング)

  1. 塗工・乾燥

    汎用塗工機にて、PETフィルムやガラス基板上にPT-434を塗布。
    80~150℃/30秒~5分乾燥。

    必要に応じて水やアルコールで希釈してください。
    (膜厚で表面抵抗率や透過率を調整可能)

  2. 保護層作成

    スクリーン印刷用レジストSET-Sを用いると、簡便に保護層を形成可能。

    より高精細なパターンを作成する場合は、
    フォトレジストやグラビアオフセット印刷をご検討ください。

  3. 導電性失活

    導電性失活剤Etchを水で1~2wt%まで希釈し、
    浸漬させると、非保護部分の導電性が失活。

  4. 保護層除去

    SET-Sはアルコール洗浄で除去可能。
    (表面抵抗値)
    導電部:50~500Ω/sq
    非導電部:1011Ω/sq以上

本ページに記載されている値は測定値であり、保証値ではありません。
また、本製品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。